加賀友禅調の古典柄から、個性的、モダンな柄まで、どれも品質の良いものをご用意しております。

【振袖No.01】 シンプルな赤無地に、金糸で立体感のある百合の花が刺繍されています。 【振袖No.01】
シンプルな赤無地に、金糸で立体感のある百合の花が刺繍されています。
【振袖No.02】 光沢のあるなめらかな綸子に、落ち着いた色合いの洋花が染め付けられています。 【振袖No.02】
光沢のあるなめらかな綸子に、落ち着いた色合いの洋花が染め付けられています。
振袖No.03 淡い水色の地に、加賀友禅調の古典柄が全体に施されています。 振袖No.03
淡い水色の地に、加賀友禅調の古典柄が全体に施されています。
振袖No.04 濃紫のグラデーションに牡丹の花。袖全体に柄が入り、落ち着いた色合いにも華やかさがあります。 振袖No.04
濃紫のグラデーションに牡丹の花。袖全体に柄が入り、落ち着いた色合いにも華やかさがあります。
【振袖No.05】 落ち着いた臙脂色の生地に桜と手毬模様が愛らしい一枚です。 【振袖No.05】
落ち着いた臙脂色の生地に桜と手毬模様が愛らしい一枚です。
【振袖No.06】 全体に波柄が入り、その間に蔓帯の柄の入った、個性的ですが比較的どなたにも似合う、お着物です。 【振袖No.06】
全体に波柄が入り、その間に蔓帯の柄の入った、個性的ですが比較的どなたにも似合う、お着物です。
【振袖No.07】 青紫の地に白い大輪の牡丹を描いた江戸褄後掛け模様になっています。 【振袖No.07】
青紫の地に白い大輪の牡丹を描いた江戸褄後掛け模様になっています。
【振袖No.08】 金糸銀糸などを使用せず、梅、松、桔梗などが淡く絵画様に描かれています。 【振袖No.08】
金糸銀糸などを使用せず、梅、松、桔梗などが淡く絵画様に描かれています。
【振袖No.09】 うっすらと濃淡のある濃茶の生地に、絞りと刺繍の桜の花模様が入っています。 【振袖No.09】
うっすらと濃淡のある濃茶の生地に、絞りと刺繍の桜の花模様が入っています。
【振袖No.10】 波の入った本加賀友禅調の手描きの一品。代表的な古典柄です。 【振袖No.10】
波の入った本加賀友禅調の手描きの一品。代表的な古典柄です。
【振袖No.11】 金の生地に十二単をまとっているような赤、紫、緑の比翼が襟、前衽、袖に付いています。 【振袖No.11】
金の生地に十二単をまとっているような赤、紫、緑の比翼が襟、前衽、袖に付いています。
【振袖No.12】 白地に花模様の熨斗柄の入った華やかな一枚です。 【振袖No.12】
白地に花模様の熨斗柄の入った華やかな一枚です。
【振袖No.13】 少し凹凸のある織り生地に桜模様が入っています。 【振袖No.13】
少し凹凸のある織り生地に桜模様が入っています。
【振袖No.14】 ごく淡い格子模様のグレーの地に、桜柄。こぼれる桜の花びらとぽっくりやかんざし、手毬が描かれています。 【振袖No.14】
ごく淡い格子模様のグレーの地に、桜柄。こぼれる桜の花びらとぽっくりやかんざし、手毬が描かれています。
【振袖No.15】 15、	スモーキーなベージュ地に浮かび上がるように描かれた花模様のミントグリーンが印象的です。 【振袖No.15】
スモーキーなベージュ地に浮かび上がるように描かれた花模様のミントグリーンが印象的です。
 

着るほどになじむ心地よさ。色あせも少なく、長年使い続けることで、より増していく風合い。そしてひとつとして同じもののないオリジナルの一枚となるのが手織り、手染めの魅力です。
その魅力をぜひ、その目で、そしてその手にとってご覧ください。